HOME > 矯正治療について > 大人の矯正治療

大人の矯正治療

何歳からでも矯正は始められます

大人の矯正治療

大人の方でも矯正治療はおこなえます。当院で治療を受けられる患者さんも、半分以上が成人の方です。
30代40代はもちろん、よりご高齢で始められる方もいらっしゃり、「長年のコンプレックスが解消された」と、大変喜んでいただいています。

虫歯があるから、差し歯があるから、といって諦めることはありません。虫歯はきちんと治療をすれば問題ありませんし、差し歯がある方でも大丈夫です。近年は装置も目立たないものができていますので、是非お気軽に相談にいらしてください。

▲ページトップへ

大人の矯正のメリット・デメリット

大人の矯正にはどんなメリットや気をつけなければいけない点があるかをご紹介しましょう。

大人の矯正のメリット

  • 一番のメリットは、ご本人が「綺麗な歯並びにしたい」という強い希望を持って積極的に治療に臨んでいただけますので、医師と同じ目標に向かって協力をして頂けるため、治療を円滑に進めることができます。
  • 永久歯が生え揃った後ですので、骨格の変化などもないため、当初の計画通りに治療がおこなうことができます。

大人の矯正のデメリット

  • やはり最大の問題は、お仕事などの都合で、治療期間や装置が目立つことに対する制約がある方が多いということです。天野矯正歯科では、まず患者さんのお話をじっくり伺い、それぞれのご希望に合った治療方法や装置を選択し治療方針について詳しくご説明します。ご要望や質問などどんなことでもどうぞご遠慮なく相談ください。
  • 大人の歯列は成長が終わっていますので、お子さんに較べると歯の移動にかかる期間は若干長くなります。しかし、治療に前向きに取り組んで頂ければスムーズに進むことが多く、通常1年半~3年程度で歯の移動を完了します。お一人お一人の症状に合わせ、できる限り短い期間で治療が終了するよう心掛けておりますので、大人の方もどうぞご心配なさらずに矯正にチャレンジしてください。

大人の矯正治療の目安

矯正治療費・治療期間等は、症例や治療方法、治療開始時期等により大きく異なりますので目安として参考にしてください。実際の費用・治療期間等は診断結果のご説明の際に、詳しくご報告いたします。

治療費の総額(税別)
※自費診療
約97万円
※初診相談料・検査、治療計画のご説明、通院毎の管理料を含む総額の目安
治療期間(通院頻度) 動的治療 1年半~2年半程度(3~5週に1回)
保定期間 基本2年程度(平均3ヵ月に1回)
治療内容 歯科矯正用の治療装置を用いた歯並び・咬み合わせの改善
副作用・リスク
  • ブラケットを装着する治療の場合、歯磨きしにくい部分ができるためむし歯や歯周病になるリスクが高くなります。当院では歯磨き指導や口腔内清掃を行い、リスクの軽減に努めています。
  • 矯正装置を装着した際や調整後に痛みを感じる場合があります。
  • 治療後わずかに歯根の吸収が起こる場合があります。
  • 矯正装置が外れた後、保定装置を指示通りに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。

※ 矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用についてさらに詳しくはこちらからご覧いただけます。

▲ページトップへ